三線の上達のために

歌が上手くなる方法【三線・沖縄民謡 初心者向け】

歌を上達したい

唄が上手くなりたい、もっと沖縄民謡を上手く歌いたい、という方への一助となればと思い、沖縄民謡研究所に通っていた頃に私が習ったことや、一人でもできる練習方法を挙げてみました。

目次

研究所の先生に言われたこと

私は以前、沖縄民謡研究所に通っていました。研究所というのは、気軽な三線教室よりもっと濃密なお稽古事と考えていただければと思います。沖縄民謡を中心に、琉球古典も少しかじっていました。流派内のコンクールも受けました。

はじめに先生から言われたことは、唄と三線の主従関係です。まず唄が先にあり、三線は後からついて唄を支えるものである。
手=三線は大まかには家で練習してきなさい、と常に言われていました。では教室では何をするかというと、主に声の出し方と、発音のチェックと矯正と訓練でした。ともかくそれほど、歌を重要視するものだというのです。

私たち本州の人間は放っておくとナイチャーっぽい唄い方や発音になってしまうそうですが、指摘されないとわからないものです。

声に気を配れるように、まずは暗譜する

それから先生によく言われたことは「暗譜してこい」ということでした。歌詞も、最悪でも1番だけでも暗記するようにと。

なぜなら、そらで弾き歌えるようにならないと、声の出し方にまで気を配る余裕が持てないからです。
稽古中はいつも工工四を机に出してはいましたが、演奏しながら見るためというよりは、先生からの細かい指摘をメモるためでした。

奄美民謡と沖縄民謡では、声の出し方がちょっと違う

その頃ちょうど、奄美出身のシンガー元ちとせがヒットした後でしたが、沖縄本島の民謡ではあの歌い方は使わないよ、というのも初めの頃先生に教わったことのひとつでした。
あの独特の歌い方はファルセットとこぶしをミックスしたような発声で、奄美ではグインと言われるものですが、沖縄民謡では基本的にファルセットは使わず、地声に近い声の出し方をするということでした。

こういう知識もある程度は知っておくことで練習の助けになります。

良い声を出すための身体の使い方

声の出し方について、私が研究所の先生によく言われていたのは、こんなことです。

  • 横隔膜を上げる。こうすることで声色がクリアになるそうです。
  • 下あごには、力を入れない。やたら動かさない。
  • 肩の力を抜く(三線を弾きながらなので、難しいものですが…)。
  • できるだけ正座する(唄う間だけでも)→背筋を伸ばす必要性
  • 左手で調子を取る(例えば、高音になるところは開いて挙げる、など)

他にも色々とかなり細かいことまで言われたものです。全て身についたかと言われるとあやしいのですが。

ともかく、声を出すことは体を使うこと、良い声を出すためには、そのための体の使い方を覚えること、という訓練を繰り返ししたように思います。
本当にスポーツと同じようなもので、体に覚えさせることが大切だと教わりました。

このように、研究所ではなかなか「体育会系」な方法で指導を受けておりました。しかもラッキーなことにごく少人数で稽古をつけてもらえる環境で、時期によってはマンツーマン、多くても3名くらいまででした。しんどいけど非常に素晴らしい体験をしたと思っています。
沖縄民謡を本気で上達したいならば、研究所に入ることをおすすめします。

ただしなかなかにお金もかかります。月謝以外にコンクールの認定料や会費、衣装代など。
そこまでの覚悟はない、やはり独学しかない。それでも沖縄民謡を上手に歌えるようになりたいという方は、まずはどんなジャンルにも通用する「良い声の出し方」を掴むのが近道ではと思います。

ボイストレーニング用マウスピースを使う

「顔面エクササイズ」グッズじゃないですが、器具を使って自宅で少しずつトレーニングすることで良い声が出やすくなる、という練習方法があります。これは研究所や教室に通わずとも、自分ひとりでできる練習です。


これはビューティーボイストレーナーという商品で、使い方は口にくわえて声を出すだけ。1日5分でいいそうです。

例えば、これは先生からの受け売りなんですが、ちょっと試してみてください。下あごに力を入れて口を「イーッ」とやると、喉が締まって声が出づらくなるでしょ。
大きく通る声を出すにはこの逆で、下あごとのどの力を抜いて自然にしておく必要があります。
今度は下あごを指で押さえたまま歌ってみてください。なんだか喉が開く感じがしませんか?

以上のように言葉で説明しても伝わりづらいかもしれませんが、このマウスピースを口にくわえることで

下あごが固定される
↓↓
自然とのどが開く
↓↓
強制的にお腹から声を出さざるを得なくなる

という流れが自然に身につきます。妙な外見の道具ですが、意外に理にかなっています。それもそのはずで、ボイストレーニングのプロが開発したものだそうです。

腹から声を出す感覚がなかなか掴めない方や、年齢を重ねて声が出づらくなったと感じている人には、良い助けになると思います。
»ビューティーボイストレーナー

ボイストレーニングの本を読んで勉強する

他に独りでも歌を上達する方法といえば、ボイストレーニング、ボーカルトレーニングの本を読むことです。

研究所の訓練がマッチョだったのは前述の通りですが、もっと体系的に、理屈から勉強したいという方には本を何冊か読んでみるのがおすすめです。
独りでコツコツ練習し続けるのが苦にならなければ、それなりに効果があるはずです。

»Amazonで「ボイストレーニング」の本を探す

ボーカルトレーニングを受ける

研究所に通っている人の中にも、あえてボーカルトレーニングのレッスンを別に受ける人もいます。もちろん先生の教え方が気に入らないというわけではなく、より向上を目指してのことでしょう。

声を出す、歌うということは結局のところそのための身体を作るということでもあり、歌い方・良い声の出し方の基本は人間である以上どんなジャンルでもおよそ共通です。
三線を独学で練習している方や、サークルに参加している方も、短期間でもボーカルトレーニングを受けに行ってみてはいかがでしょう。別にそのスクールが沖縄民謡の専門でなくても、歌の訓練を受けたことがない方なら、かなり良くなるはずです。

例えばシアーミュージックという音楽教室では無料お試しレッスンをやってます。
本入会してからめっちゃ高い値段だったらやだなあと思って調べてみたら、1レッスンあたり4,000円くらいだそうです。意外と安いんですね。
那覇にもスクールがあるそうですので、沖縄県内の皆様にもぜひ。

歌の上達は時間がかかりますが、一度掴んでしまえばそうそう忘れないもの。ぜひあきらめずに続けてみてください。

ページトップへ