三線&グッズの選び方

三線ケースの選び方

三線を裸のまま持ち歩くわけにはいきませんので、教室やどこか家の外で演奏する機会がある場合、三線ケースは必須のものといえます。

三線のケースは、購入時に合わせて入手しておきましょう。三線店で取り扱っている初めての人用セット(三線と用具がセットで販売されているもの)には、ほとんどの場合三線ケースがついています。

三線ケースには大きく分けてソフトケース、ハードケースがあります。

丈夫さや安全を優先したいならハードケースがおすすめです。

ソフトケースのメリットは、何と言っても軽いことです。多くは合成繊維製です。リュックサックのように背負える仕様になっているものが多く、移動がラクです。

ただ、ソフトケースでは保護性能に多少不安があります。その点はハードケースが優れますが、なにぶん重いというデメリットがあります。

そこで両者の良いとこ取りをしようと、ソフトケースのような布素材を用い、ウレタンなどの緩衝材が入ったセミハードケースという商品も開発されています。

三線ケースをどのように選ぶかについて、三線初心者の方は、ひとまずは手軽なソフトケースで良いのではないかと思います。一方で、セミプロの方や高価な三線を持っている人は、ハードケースを使うことが多いように思われます。保護性能の意味もあるでしょうが、やはり格好が良いのです。

三線と一緒に飛行機に乗る予定のある方は、ハードケースかセミハードケースを用意することをおすすめします。三線を手荷物カウンターで預けることを考えても、また機内に持ち込む場合でも、ソフトケースで客席の収納棚に入れるのは少々不安があります。

三線を家に置いておくときは、ケースに入れっぱなしにはしないでください。取り出して、三線スタンドや壁掛けのギターフックに置くようにしましょう。

ページトップへ