沖縄三線Netのおすすめ

【沖縄三線旅行】10泊で1泊無料!Hotels.comの使い方[ホテルズドットコム]

守礼門

全国にお住まいの三線&沖縄民謡大好きさんへ
沖縄県外にお住まいの三線愛好者さんの多くは、年に数回は沖縄へ行きます。コンクール、演奏会、指導を受けるため、加えて旅行も。今これを読んでくださっているあなたも、もしかしてかなりの沖縄通ですか?

私も独身時代は3〜4回沖縄へ行った年もありました。こんなにも沖縄好きで、こんなにも何回も旅行するんなら、もっとお得な予約サイトはないものか?そんな方にHotels.comをおすすめします。

目次

10泊で1泊が無料になるから、沖縄通におすすめ

沖縄好き・三線好きさんにHotels.comをおすすめするのには、シンプルな理由があります。「ホテルズドットコム リワード」があるからです。

10泊の宿泊数をためると1泊分が無料になるのです。

年に4回沖縄へ行くとして、2泊が2回+3泊が2回で10泊です。沖縄通の三線好きさんなら、あっという間にたまるでしょう。

10泊ためてもらった無料分はいつでも引き換えられます。飛行機のマイレージみたいに、失効するまでに引き換えなきゃということがありません。
何泊かの無料分をためておいてそれで新たな沖縄旅行を、というのはどうですか?

ホテルズドットコムとは?

沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム
アメリカに本社のある宿泊予約サービスです。世界各国でサービスを展開していますが、サービスは各地に合わせてローカライズされています。もちろん日本国内では日本語で予約、日本円で支払いします。ちなみに世界最大の旅行サイトExpediaの子会社だそうです。

いろんな予約サイトを使ってみよう

沖縄通の三線好きさんなら、もうすでにいろんな予約サイトを使ってきたと思います。私はもっぱら「楽天トラベル」がお気に入りでした。ホテル予約サイトそれぞれにメリットがあります。国内のサービスはとくに、ポイントがつくものが多いです。
ただ、ポイントをもらっても今後使うかどうかわからない方にとっては、ホテルズドットコム リワードのような無料宿泊権のほうがお得で嬉しいのではないでしょうか。いろんな予約サイトを使い比べてみたいものですね。

Hotels.comの使い方

海外企業のサイトなんて操作が面倒なんじゃないか?と心配な方のために、実際に沖縄のホテルを検索してみた様子を紹介します。もちろん、スマートフォンやiPhoneでできますよ。

まずはHotels.comのウェブサイトを開いたら、先にアカウントの作成をしましょう。これをしておかないと10泊で1泊分無料が使えませんから。
右上の丸い人型アイコンをタップ→アカウントの作成と進みます。すると、アカウント作成画面が出ます。

沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

GoogleかFacebookに登録したことのある方はそれぞれのボタンを押します。名前やメールアドレスの入力を省略することができます。

さて、登録が終わると検索画面にもどりますので、宿泊先、泊まる日付、人数を入力しましょう。
沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

石垣島のホテルが探したくて「いし」と入力したら、自動で文字が出てきました。便利。
沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

地名については「沖縄」と入力すると沖縄本島南部・中部・北部の分類が出てきます。離島は島名を入力するといいようです。

検索ボタンを押すと、その日空いているホテルがずらっと表示されます。

検索結果は初期設定では「おすすめ順」になっています。安いホテルを探したい方は、左上の「並び替え」ボタンを押して「料金(低から高)」を選ぶと、安いものが上に現れます。

そんな手順で、北谷町の安いホテルを探してみた結果がこちら。ハンビーマーケットの近くのホテルが出てきましたよ。

沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

安いホテルも、素敵リゾートホテルも、どちらもたくさん載っているのは嬉しい。

それから、Hotels.comのスマホサイトを使ってみて素晴らしいと思ったのは、地図が使いやすいことです。
検索結果から「地図」のボタンを押すと、地図上にホテルのマークが並んだ画面が表示されます。宮古島のホテルを探してみた結果がこちら。

沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

ベースがGoogleマップになっているから、いつもの慣れた感じで操作できるのがありがたいんです。

Hotels.comでは、電話&LINE問い合わせも可能です。わかんなかったら電話しちゃえばいいので、気がラクですね。
電話はなんと24時間対応だそうです。

難点をひとつ挙げるならば、口コミに外国語表示が多いことです。いま沖縄はそれほど外国人旅行者に人気があるということです。自動翻訳がついていたら嬉しいのですけれどね。
こうした難点もグローバルな会社ならでは、と言えるでしょう。全体的な使い勝手はとても洗練されている印象でした。

10泊で1泊を無料にするための注意点

お得に使うために、注意点も押さえておきましょう。
宿泊数(スタンプのようなものをイメージしてみてください)の期限は、最後に利用してから1年間です(利用規約に書いてあります)。つまり有効期限を切らさずじっくりためるには、最低年に1回利用すればいいということです。

沖縄通にオススメの宿泊予約サイトホテルズドットコム

ホテルにも指定があります。宿泊数をためられるのは、ホテル検索をした際に「宿泊数をためる」という紫色のアイコンが付いているホテルに限られます。
とはいえ、試しに宮古島のホテルを検索してみたら、満室のホテル以外は全部アイコンがついてました。沖縄好きさんはこの点はあまり気にしなくて良さそうです。

最大40%OFFの直前割があれば、思い立ったら沖縄へ!ができる

Hotels.comでは、直前に予約すると普段より安くなるという割引もあります。空室をなくすための工夫と思われます。

前日や当日に予約なんてこともできるようです。ちょっと思い立ったから週末に沖縄に行こうかなあなんて素敵じゃないですか。そんな時に「直前割」を覚えておくとお得に利用できます。

航空券をお得にしたければセールで早めに買うのがいいけど、ホテルは直前割を狙って買うのがお得かもしれない。沖縄はホテルの数は多いほうなので(※)、この手は比較的使えるはずです。
(※)沖縄県は、人口当たりのホテル客室数が全国で一位。ただし昨今は外国人旅行者が殺到する時期もあるので、狙いすぎにはご注意を。

会員限定シークレット価格

ホテルズドットコムでは、会員限定のシークレット価格(セール)もあります。
シークレット価格を利用するには、アカウントを作成するか、ニュースレターを受信します。先ほどHotels.comの使い方を説明しましたが、最初にアカウント作成をしたほうがいいと書きました。それは、シークレット価格のためでもあります。

まとめ

沖縄の海

この記事では、沖縄県外在住の三線愛好家の皆さんに向けて、何かとお得なホテル予約サイトHotels.comの使い方をお伝えしました。まとめると次のとおりです。

  • 10泊で1泊が無料になる。旅行の多い沖縄通の方ならすぐたまりそう
  • 10泊をじっくりためたい場合は、最低でも1年に1回利用する
  • 直前割やシークレット価格もお得
  • お得を活かすためには、先にアカウント作成を

次の来沖はいつですか?沖縄旅行は何度行っても楽しみですね。

Hotels.comで沖縄のホテルを予約する

ページトップへ