三線工工四データベース

与那国の猫小

基本情報

読みよなぐにのまやぐゎー
別表記与那国ぬまや小節/与那国ぬマヤー小/猫小節/まやぐゎー節
ジャンル

 

このページは?

「与那国の猫小」の工工四が掲載されている工工四集、CD、動画、曲解説、歌詞を掲載しています。沖縄民謡、琉球古典音楽など三線の練習にお役立てください。詳しい説明はページ下部にあります

"与那国の猫小"の工工四

“与那国の猫小”が収録されている工工四集(または歌集)のリストです。

沖縄民謡・島うた工工四集 第二巻

沖縄民謡・島うた工工四集 第二巻

  • 表記:与那国ぬまやー小

収録曲一覧を見る

工工四百選集

工工四百選集

  • 表記:与那国の猫小

収録曲一覧を見る

おきなわ島うた工工四大特集 第一巻

おきなわ島うた工工四大特集 第一巻

  • 表記:与那国ぬマヤー小

収録曲一覧を見る

おきなわ島うた工工四大特集

おきなわ島うた工工四大特集

  • 表記:与那国ぬマヤー小

収録曲一覧を見る

八重山古典民謡工工四 下巻

八重山古典民謡工工四 下巻

  • 表記:まやぐゎー節

収録曲一覧を見る

歌詞集 沖縄のうた

歌詞集 沖縄のうた

  • 表記:与那国ぬ猫ぐゎ

収録曲一覧を見る

八重山古典民謡歌詞集

八重山古典民謡歌詞集

  • 表記:まやぐわー節

収録曲一覧を見る

沖縄地謡全集

沖縄地謡全集

  • 表記:マヤー小(与那国の)

収録曲一覧を見る

沖縄地謡全集

沖縄地謡全集

  • 表記:与那国のまや小

収録曲一覧を見る

沖縄民謡大全集

沖縄民謡大全集

  • 表記:与那国ぬマヤ−小

収録曲一覧を見る

正調琉球民謡工工四 第四巻

正調琉球民謡工工四 第四巻

  • 表記:与那国ぬマヤー小

収録曲一覧を見る

正調琉球民謡早弾工工四

正調琉球民謡早弾工工四

  • 表記:与那国ぬマヤー小

収録曲一覧を見る

正調琉球民謡エイサー特集

正調琉球民謡エイサー特集

  • 表記:与那国ぬマヤー小

収録曲一覧を見る

創作舞踊 声楽譜附工工四 全巻

創作舞踊 声楽譜附工工四 全巻

  • 表記:与那国のまやー小

収録曲一覧を見る

民謡端節 舞踊曲集工工四

民謡端節 舞踊曲集工工四

  • 表記:与那国の猫小

収録曲一覧を見る

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

  • 表記:与那国ぬ猫小

収録曲一覧を見る

“与那国の猫小”のCD

amazon.co.jpから“与那国の猫小”を検索してみましたが、見つかりませんでした。

“与那国の猫小”の動画

Youtubeのビデオから“与那国の猫小 三線”を検索した結果です。

(検索結果そのままを表示していますので、違う曲のビデオが表示される場合があります。何卒ご了承ください)

"与那国の猫小"について

お役人さんにうまく取り入る女性のことを猫に例えて皮肉っている唄。歌詞は地方や団体によって微妙に異なる。そのコミカルな様子に合って、明るくノリの良い曲調である。
「まやー」とは沖縄の言葉で猫のこと(「まやぐゎー」で『ねこちゃん』)。現代において、男を手玉にとるようなセクシーな女性を猫のイメージで捉えたりするが、この唄が生まれた昔の時代にも近いイメージがあったと思われ、それが面白い。

"与那国の猫小"の歌詞

☆ご注意:琉球民謡の歌詞は、必ずしも固定して定義されるとは限りません。地域や時代によって言い回しが違ったり、歌い手によって順番を変えるのはしばしばあることです。ですからこの歌詞は、他のウェブサイトや参考書、CDなどとは内容が違う場合もあります。それらを踏まえて、参考としてこの記事をご覧ください。

このページの説明

「三線工工四データベース」は、一般に発売されている工工四集(絶版のものも含む)の中から、曲名で検索してどの工工四集に掲載されているかを調べることができます。沖縄民謡・琉球古典音楽の練習にお役立てください。

このページには「与那国の猫小」の工工四が掲載されている工工四集、CD、動画、曲解説、歌詞を掲載していますが、次の点に留意してください。

  • 工工四集一覧……「与那国の猫小」が掲載されている工工四集です。工工四集の中には古いものもあり、特に沖縄古典音楽の教本を中心に絶版になっている場合もあります。
  • CD一覧……「与那国の猫小」が収録されている曲または音楽データをAmazon.co.jpから検索した結果です。単純に曲名で検索しているため、同名の違う曲が表示されてしまう場合があります。
  • 曲解説・歌詞……解説文は共同で執筆されています。正確性の保証はできませんのでご理解ください。歌詞は著作権が消失していると思われる民謡・古典を中心に収録しています。

ページトップへ