三線工工四データベース

上り口説

基本情報

読みぬぶいくどぅち
ジャンル

 

このページは?

「上り口説」の工工四が掲載されている工工四集、CD、動画、曲解説、歌詞を掲載しています。沖縄民謡、琉球古典音楽など三線の練習にお役立てください。詳しい説明はページ下部にあります

"上り口説"の工工四

“上り口説”が収録されている工工四集(または歌集)のリストです。

工工四百選集

工工四百選集

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

聲楽譜附 野村流舞踊地謡工工四 第二巻

聲楽譜附 野村流舞踊地謡工工四 第二巻

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

よなは徹の三線教室 初級編(DVD付)

よなは徹の三線教室 初級編(DVD付)

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

改訂版 楽しい沖縄三線教室

改訂版 楽しい沖縄三線教室

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

おきなわ島うた工工四大特集 第一巻

おきなわ島うた工工四大特集 第一巻

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

おきなわ島うた工工四大特集

おきなわ島うた工工四大特集

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

歌詞集 沖縄のうた

歌詞集 沖縄のうた

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

沖縄地謡全集

沖縄地謡全集

  • 表記:上り口説(旅の出立ち)

収録曲一覧を見る

琉歌舞踊 一鎖集

琉歌舞踊 一鎖集

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

琉球民謡解説集 下巻

琉球民謡解説集 下巻

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

沖縄民謡大全集

沖縄民謡大全集

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

沖縄民謡 口説大全集

沖縄民謡 口説大全集

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

沖縄民謡 口説大全集

沖縄民謡 口説大全集

  • 表記:上り口説(囃子)

収録曲一覧を見る

沖縄民謡 口説大全集

沖縄民謡 口説大全集

  • 表記:上り口説(八重山)

収録曲一覧を見る

正調琉球民謡工工四 第二巻

正調琉球民謡工工四 第二巻

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

奄美の三線教本(CD付)

奄美の三線教本(CD付)

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

琉球舞踊入門

琉球舞踊入門

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

琉球舞踊 地謡工工四

琉球舞踊 地謡工工四

  • 表記:上り口説

収録曲一覧を見る

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

  • 表記:上い口説

収録曲一覧を見る

“上り口説”のCD

“上り口説”のCDをamazon.co.jpから検索しました。

上り口説[小浜守栄][EP盤]

上り口説[小浜守栄][EP盤]

  • アーティスト:小浜守栄
  • マルフクレコード  価格:¥ 500

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS

Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS

  • アーティスト:よなは徹
  • MUSISM RECORD  価格:

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

“上り口説”の動画

動画コンテンツは只今メンテナンス中です。

"上り口説"について

「上り口説」は、琉球古典の曲としては比較的よく知られていて、古典の入門編として練習されている方も多いのではないだろうか。手は特に難しいテクニックも要求されないので、三線初心者の方にも一度は触れてみてほしい。

「上り口説」が唄うのは琉球王朝時代、首里から盟主国である薩摩(鹿児島)への役人達の船旅である。今でこそ大型フェリーで安全に航行できるが、当時は命がけの危険な船旅だった。歌詞にある「観音様を伏し拝む」とか「親子兄弟が涙で別れを惜しむ」といった光景は、どれほどの覚悟が必要だったかを物語る。

歌詞中、地名が「大道」「松原」「崇元寺」「美栄」「高橋」「三重城」などと
多数登場するが、どれも現在も那覇市内に存在している。実際に順にたどってみると面白いかもしれない。

「上り口説」はまた舞踊の定番の演目でもあり、二才踊りという種類に属する。「二才」とは”にせー”と読み、青年のこと。つまり二才踊りとは、青年のダイナミックな動きを表現し、若者たちの前途を祝福する踊りのことである。若い役人達が勇気を持って、果敢に挑む船旅。そんなテーマにふさわしい、力強いステップなどで表現される。

「上り口説」とは反対の道のり、つまり帰りの船旅を描いた「下り口説(くだいくどぅち)」という唄もある。またその他にも「口説」の名のつく唄は琉球古典を中心にいくつもあり、歌詞の内容は違うが、ほとんど同じメロディを用いる。

"上り口説"の歌詞

  1. 旅の出で立ち[んじたち]観音堂[くゎんぬんどー] 千手観音[しんてぃくゎんぬん]  
    伏し拝でぃ 黄金酌とて立ち別る
  2. [すでぃ]に降る[つぃゆ][]し払い 大道松原[うふどーまつぃばら]  
    歩み行く 行けば八幡崇元寺[すーぎーじ]
  3. 美栄地[みーじ]高橋打渡て[うちわたてぃ] 袖を連ねて[ちらにてぃ]  
    諸人の[むるふぃとぅぬ] 行くも帰るも 中の橋
  4. 沖の側まで[うちぬすばまでぃ]親子兄弟[うやくちょうでー] 連れて別ゆる  
    旅衣[たびぐるむ] 袖と袖とに露涙
  5. 船の[ふにぬ]とも綱とくどくと 舟子勇みて[ふなくいさみてぃ]  
    真帆引けば[まふふぃきば] 風やまともに[かじやまとぅむに]午未[んまふぃつぃじ]
  6. 又も廻り逢[またんみぐりお]ご縁[ぐいん]とて 招く扇や  
    三重城[みいぐしく] 残波[みさち][]後に見[てぃ]
  7. 伊平屋渡[いひゃどぅ] 立つ波おし添へて[うしすいてぃ] 道の島々  
    見渡[] 七島渡中も[しちとうとぅなかん] なだやすく
  8. 燃える煙[むゆるちむり]や 硫黄が島 佐多の岬に  
    はい並び(えい)
    あれに見ゆるは御開聞[うかいむん]  
    富士に見まごう桜島

☆ご注意:琉球民謡の歌詞は、必ずしも固定して定義されるとは限りません。地域や時代によって言い回しが違ったり、歌い手によって順番を変えるのはしばしばあることです。ですからこの歌詞は、他のウェブサイトや参考書、CDなどとは内容が違う場合もあります。それらを踏まえて、参考としてこの記事をご覧ください。

このページの説明

「三線工工四データベース」は、一般に発売されている工工四集(絶版のものも含む)の中から、曲名で検索してどの工工四集に掲載されているかを調べることができます。沖縄民謡・琉球古典音楽の練習にお役立てください。

このページには「上り口説」の工工四が掲載されている工工四集、CD、動画、曲解説、歌詞を掲載していますが、次の点に留意してください。

  • 工工四集一覧……「上り口説」が掲載されている工工四集です。工工四集の中には古いものもあり、特に沖縄古典音楽の教本を中心に絶版になっている場合もあります。
  • CD一覧……「上り口説」が収録されている曲または音楽データをAmazon.co.jpから検索した結果です。単純に曲名で検索しているため、同名の違う曲が表示されてしまう場合があります。
  • 曲解説・歌詞……解説文は共同で執筆されています。正確性の保証はできませんのでご理解ください。歌詞は著作権が消失していると思われる民謡・古典を中心に収録しています。

ページトップへ