三線工工四データベース

とぅばらーま

基本情報

読みとぅばらーま
別表記トゥバラーマ/トバラーマ/とばらーま/とばるま
ジャンル八重山

 

"とぅばらーま"の工工四

“とぅばらーま”が収録されている工工四集(または歌集)のリストです。

工工四百選集(続巻)

工工四百選集(続巻)

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

沖縄民謡・島うた工工四集 第二巻

沖縄民謡・島うた工工四集 第二巻

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

島唄沖縄民謡ベスト20

島唄沖縄民謡ベスト20

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

はじめての三線

はじめての三線

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

おきなわ島うた工工四大特集 第三巻

おきなわ島うた工工四大特集 第三巻

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

八重山古典民謡工工四 下巻

八重山古典民謡工工四 下巻

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

歌詞集 沖縄のうた

歌詞集 沖縄のうた

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

八重山古典民謡歌詞集

八重山古典民謡歌詞集

  • 表記:とぅばらーま節

収録曲一覧を見る

沖縄地謡全集

沖縄地謡全集

  • 表記:トバリャーマ(替歌色々)

収録曲一覧を見る

琉球民謡解説集 上巻

琉球民謡解説集 上巻

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

琉球民謡解説集 上巻

琉球民謡解説集 上巻

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

沖縄民謡大全集

沖縄民謡大全集

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

正調琉球民謡工工四 第四巻

正調琉球民謡工工四 第四巻

  • 表記:トゥバラーマ

収録曲一覧を見る

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

大工哲弘 沖縄・宮古・八重山・島唄ポップス工工四楽集

  • 表記:とぅばらーま

収録曲一覧を見る

“とぅばらーま”のCD

“とぅばらーま”のCDをamazon.co.jpから検索しました。

トゥバラーマ

トゥバラーマ

  • アーティスト:山里勇吉
  • インディペンデントレーベル  価格:¥ 3,086

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

トゥバラーマ/吉川和夫作品集

トゥバラーマ/吉川和夫作品集

  • アーティスト:草刈麻紀/溝入敬三/水野佐知香/竹澤悦子/寺嶋陸也/西潟昭子/萩京子
  • ALM RECORDS  価格:¥ 3,146

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

八重山歌謡全集

八重山歌謡全集

  • アーティスト:大工哲弘
  • ディスクアカバナー  価格:¥ 16,200

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

沖縄名曲バラードコレクション

沖縄名曲バラードコレクション

  • アーティスト:オムニバス
  • ビクターエンタテインメント  価格:¥ 2,057

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

にぬふぁぶし

にぬふぁぶし

  • アーティスト:Lucy
  • ルセス  価格:¥ 2,057

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

揚(agi)

揚(agi)

  • アーティスト:大工哲弘
  • 国際貿易  価格:¥ 2,777

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

とぅばらーま

とぅばらーま

  • アーティスト:親盛隆司/宮良公子
  • インディペンデントレーベル  価格:¥ 3,024

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

大工哲弘

大工哲弘

  • アーティスト:大工哲弘
  • オフノート  価格:¥ 3,240

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

遙かなるトゥバラーマ

遙かなるトゥバラーマ

  • アーティスト:並里善史
  • インディペンデントレーベル  価格:¥ 2,571

収録曲一覧を見る  amazonで詳細をチェック

“とぅばらーま”の動画

動画コンテンツは只今メンテナンス中です。

"とぅばらーま"について

「とぅばらーま」は、八重山民謡の代表曲とも、最高峰とも言われる唄である。ゆったりと叙情的な旋律が大変美しい。発祥である石垣島をはじめ、沖縄本島や東京・大阪でも毎年のように「とぅばらーま大会」というものが開かれているほど、多くの琉球民謡愛好者から愛され、重要とされている唄である。

この唄は「返し」(コーラスというか、掛け合いの部分)が特徴的である。男性と女性のペアで演奏されることが多い。動画リストから、ぜひ一度聴いてみてほしい。「返し」の部分は「つぃんだーさーよー つぃんだーさー/まくとぅに つぃんだーさー」という風に歌っている。

「とぅばらーま」という言葉の意味は、恋人の名前だとか、与那国方言で「逢う」という意味の言葉が元だとか、諸説あるらしい。2009年の八重山毎日新聞オンラインの記事で言及されているので、気になる方は読んでみて頂きたい。

"とぅばらーま"の歌詞

「とぅばらーま」の歌詞は、これと決まった固定のものがあるわけではない。歌い手が即興で思いをのせてつむいでゆく、というのが本来の「とぅばらーま」だとも言われている。

ここでは代表的によく用いられる歌詞を一部分だけ記載する。

  1. 仲道路から 七けーら通け
    中筋かなしゃま 相談ぬならぬ
  2. 思てぃ通らば 千里ん一里
    またん戻らば 元ぬ千里
  3. 月ぬ美しゃや 十日三日月
    美童美しゃや 十七頃

歌い手によって全くこの通りであるとは限らないし、10番ほども歌詞を用意することもあり、これが全てではない。詳しく知りたい方は、工工四集リストのうちどれかを手に取ってみてほしい。

☆ご注意:琉球民謡の歌詞は、必ずしも固定して定義されるとは限りません。地域や時代によって言い回しが違ったり、歌い手によって順番を変えるのはしばしばあることです。ですからこの歌詞は、他のウェブサイトや参考書、CDなどとは内容が違う場合もあります。それらを踏まえて、参考としてこの記事をご覧ください。

“とぅばらーま”へのコメント

  1. chiki より:

    とぅばらーまを練習しているのですが、なかなか難しいですね…

“とぅばらーま”を三線で弾いてみた感想や習ったこと、疑問に思ったことなど、コメントをお寄せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップへ