三線Q&A

三線のお値段ってどのくらいですか?

タグ 三線をはじめる

三線の値段はどのくらいするものなのでしょうか。手が出る値段のものがあれば買ってみたいと思っているのですが……

三線の値段は、ありていにいうと「ピンキリ」です。どんな値段の三線があるのかまとめてみました。

三線の値段ランク その1:1万円台

いちばん安い三線は1万円くらいからあります。が、はっきり言って、このクラスはおすすめしません。海外でいい加減につくられたものも多いといわれ、音もいまいちな場合が多いので、練習用としてさえもどうかと思います。ディスプレイや小道具用として割り切って買うのにはアリ、でしょう。

尚、三線をネットで探しているとこの価格帯に「カンカラ三線」というのが出てきますが、これはちょっと別ものだと覚えておいてください。カンカラ三線は自作キットなどもあり、また別の楽しみ方がありますので、詳しくは別項に譲ります。

三線の値段ランク その2:3〜5万円

三線初心者におすすめなのが、3〜5万円くらいの価格帯の三線です。これくらいならば楽器としてきちんと成立したものが手に入ります。数年間はじゅうぶんおつきあいできるでしょう。

三線専門店やネットショップを探してみると、初心者向けにケースや譜面、その他のパーツをすべてセットにした商品を目にすることがあります。三線は替えパーツやケースは必須なので、こういった初心者向けセットなら抜かりがなく、はじめての方にはおすすめです。

もし三線を初めて買う方におすすめするならば、三線単品で3万円くらいから、セットで10万円くらいまで、といったあたりがよろしいかと思います。

»3〜5万円クラスの三線

三線の値段ランク その3:10〜20万円付近

10〜20万円くらい出すと、それなりの品質の三線が手に入ります。琉球古典をじっくり習っていたり、コンクールに出たりするような、三線の素人をちょっと越えかけた方が持っていることが多いのは、この価格帯の三線です。

やはり3〜5万円の三線よりははるかにいい音が出ます。2本目に手にするならばこのクラスの三線でしょう。

流通量が十分にあり、三線を買うのに現実的な選択肢はだいたいこの価格帯までです。かなり奮発しても30万円台まで十分満足できるでしょう。これを超えると相当のマニアの域に入っていきます。

»10〜20万円クラスの三線

三線の値段ランク 番外編:100万円以上する三線

流通量は少ないですが、100万円を超える三線というのもあります。

なぜこんな値段になるかというと、大きな理由は材木の希少性です。八重山黒木・沖縄黒木などと呼ばれる木が三線の材木として最高級とされていますが、現在は準絶滅危惧種であり、伐採できません。ということは三線の素材にするには数十年前に伐採された木を入手するなどするしかなく、それでこのような値段になってしまうようです。

200万円を超えるという三線の音色を聴かせて頂いたことがありますが、それはそれは素晴らしいものでした。ただし、それなりの腕前が伴わないとこの三線の価値を輝かせることはできないでしょう。

100万円超えの三線は、本当に三線が心から好きな奏者や三線を極めたプロが自分のパートナーとして購入することもあれば、子孫へ受け継ぐ財産・投資として買われることもあります。いずれにせよ、三線初心者にはあまり縁のないものと言えそうです。

ページトップへ